MATSUNOSUKE 平野顕子のパイとケーキの店 サワークリームアップルパイ お取り寄せフォーム

ケーキの歳時記

バックナンバー

1月 アップルパイの癒し
厳冬のニューイングランド

2月 チョコレートブラウニー
バレンタインデー

3月 メープルシロップ・チーズケーキ
マサチューセッツのメイプルシロップ工場

4月 ボストン・クリームパイ
ボストンとボストンバッグ

5月 巨大なデコレーションケーキ
卒業パーティーの花形

6月 ベークセール
労働と報酬そして遊び

7月 ストロベリー・ショートケーキ
独立記念日

8月 クランベリー・ブレッド
ファーマーズ・マーケット

9月 マフィン
大学生活の思い出

10月 パンプキンパイ
ハロウィーン

11月 インディアン・プディング
感謝祭

12月 フルーツケーキ
クリスマス

8月 クランベリー・ブレッド

8月のニューイングランドは、すでに初秋の趣がある。夏の最後の光の中で、野菜や果物が熟れだすこの頃になると、あちこちでファーマーズ・マーケットが開かれる。

私のいたコネチカット大学に近い教会の駐車場では、地元の農家が5、6軒、急作りの露店を組んで、自家製の作物を出していた。とうもろこしやトマト、桃などに混じってホームメイドのブレッド類も並べられている。

アメリカでブレッドと呼ばれるものは、日本でいうパンだけではない。四角いローフ型に入れられて焼かれたものは全部ブレッド。夏の果物クランベリーをたっぷり入れたブレッドなどは、よく買って食べたものだ。私たちにしてみれば、まったくケーキと呼びたいようなブレッドである。

クランベリーは、文字通りベリーの仲間。万年青(おもと)を一回り大きくしたような真紅のつややかな粒で、ニューイングランド北部が一大生産地。宝石のように美しいけれど、固くて酸っぱくて生では食べられない。だからケーキ、いや甘いブレッドに入れる。

卵、バター、砂糖、小麦粉をさっくり混ぜる。そこにルビーの輝きのクランベリー、それから、くるみも入れよう。まろやかになる。ローフ型に流し込んでオーブンへ。クランベリーが甘酸っぱく香りだしたら焼き上がりは近い。

夏の陽の下で熟れたクランベリーは、オーブンの熱でさらに熟す。焼き立てを切ると、生では歯が立たなかった実も、もうナイフに抵抗しない。それでも、さわやかな酸味の名残が、素朴に甘いブレッド地の味わいを引き締める。

ファーマーズ・マーケットも、あっという間の秋の訪れとともに店じまいだ。夏の名残にクランベリー・ブレッドをどうぞ。このブレッドには紅茶が合う。ハーブティーでもいい。濃い目に淹れて、ブレッドは厚めに切る。気がつけば、窓の外の木の葉の先が少し色づき始めている。

このページのトップに戻る


個人情報の取り扱い  お問い合わせ